秋田県内で口コミ人気の巻き爪専門院です。
全国40店舗展開!樹脂製特殊プレートの施術でGroup実績350,000回以上!
安全で安心の巻き爪矯正です。爪のこと、足のことでお悩みの方はどうぞお気軽にご相談下さい!

  • “爪は短く、清潔に。”その解釈、間違ってるかも?【大仙市 巻き爪】

    2021年3月4日



    こんにちは!秋田巻き爪矯正院です!

    巻き爪など爪のトラブルが起きるのは『深爪』が大きな要因の1つです。

    深爪は、文字通り“爪を深く切りすぎてしまった状態”を言います。

    深爪の状態で窮屈な靴を履き続けたり、逆に大きすぎる靴を履き続けたり

    スポーツ等で過度な負荷がかかることで日々、食い込みが進行していくのです。

    また、爪に物を落としたりぶつけたりといった怪我や衝撃によっても

    巻き爪や変形爪になることがあります。


    なぜ深爪をしてしまうのでしょう?


    そもそも爪切りによって深爪をしてしまう方は

    『適切な正しい爪の形』を知らないことが根本原因と言えるでしょう。

    ・爪はできるだけ短くするようにしている
    ・爪は短く清潔にするのが正しいと教えられてきた
    ・爪の先の白い線に沿って切るようにしている
    ・爪の角を切り落としている


    等、1つでも当てはまるという方は多いと思います。

    実は、これらは全て間違った爪切りと言えます。

    ↓が当院で推奨している爪の理想形です。


    角がしっかり残っていて四角く見える『スクエアオフ』という形です。

    長さは皮膚と同じ高さまたは1㎜程度皮膚が見えていてもOKです!

    角は切り落とさず、ヤスリで軽く整える程度がおすすめです!

    指に垂直にヤスリを当てて一方向に削ってあげるだけですから、

    最初は慣れないかもしれませんが、慣れればと~っても簡単ですよ^^♪

    何より、ヤスリは深爪しにくいです。


    この機会にご自身の爪ケアを見直し、巻き爪予防に役立ててみて下さいね!

    巻き爪矯正はもちろん、爪のお手入れについて詳しく知りたい!という方も

    秋田巻き爪矯正院までお気軽にご相談下さい^^



    ※【秋田院】は当面休業とさせて頂きます。