秋田県内で口コミ人気の巻き爪専門院です。
全国40店舗展開!樹脂製特殊プレートの施術でGroup実績350,000回以上!
安全で安心の巻き爪矯正です。爪のこと、足のことでお悩みの方はどうぞお気軽にご相談下さい!

  • タコとウオノメってどう違うの?【能代市 巻き爪】

    2020年4月8日



    こんにちは!秋田巻き爪矯正院です!

    ここ最近、タコウオノメにお悩みの方が増えているように感じます。

    みなさんの足の裏はいかがでしょうか?

    まず最初に、タコとウオノメの違いについてお話します。




    〇タコ

    皮膚の表面に厚く黄色っぽく盛り上がるのが特徴です。

    圧迫してもあまり痛みはありません。


    〇ウオノメ

    真皮層に向かって芯が伸びて厚くなるのが特徴です。

    神経を刺激するため、強い痛みを感じます。



    タコやウオノメは、外部からの慢性的な刺激圧力によるもの。

    例えばハイヒールを日常的に履かれている女性は、

    足の裏のこの部分によくできます。



    その原因はさまざまですが、

    ▽足に合っていない靴を履いている

    ▽正しい歩き方ができていない(歩き方に癖がある)

    ▽片側に重心が寄っている

    ▽開帳足になっている(横アーチの崩れ)

    ▽足が冷えている


    などが挙げられます。

    タコ・ウオノメの根本原因を解決することは

    巻き爪などの爪トラブルの予防にもつながりますので

    この機会に1度、足元の環境を見直してみましょう!


    足や爪のこと、お気軽にご相談くださいね^^


    ※2020年4月より【秋田院】は当面休業となります。