秋田県内で口コミ人気の巻き爪専門院です。
樹脂製特殊プレートの施術で提携院は実績60,000回以上!
安全で安心の巻き爪矯正です。爪のこと、足のことでお悩みの方はどうぞお気軽にご相談下さい!

  • 巻き爪を抜去手術することによる影響についてご説明

    2018年11月15日



    「病院の先生から巻き爪の手術をすすめられたのですが、爪を切ったり、全部

    取ることで何か悪い影響はありますか?」と新規の患者様よりご質問がございました。


    【麻酔の苦痛】

    まず第一に爪の抜去や鬼塚法やフェノール法は痛みが伴います。

    経験者の方のほぼ全員が「痛い!」と異口同音におっしゃいます。

    その中でも術前の麻酔自体が特に痛いのです。神経が非常に集中している指先

    ですので、針一つでも激痛です。




    【爪の変形】


    爪の全抜去後の爪が変形しやすい状態になります。変形爪、肥厚爪、鉤彎爪になる

    可能性があります。例えば爪が剥がれて抜け落ちたあと綺麗な爪が生えてこなかったと

    いう経験がある方もいらっしゃると思います。

    一旦爪が抜け落ちると深爪状態になり指と爪に負荷が加わります。

    その為、爪の成長が不安定になるのです。


    【指の変形】


    爪母からの全抜去で永久に爪が生えてこない手術をされた方の場合、爪がない指は丸く

    変形してしまいます。指の骨の最先端部分を末節骨といいますが、この骨は指の先まで

    は通っていないのです。

    本来、爪があればいいのですが末節骨から先の部分が支えがなくなり盛り上がって

    変形してしまいます。

    ※爪母とは、爪の根元の爪になる細胞でいわば爪の工場部分のようなものです。


    【知られていない爪の機能メカノレセプター】

    人の体に無駄なものはないといいますが、爪も指の保護、把持力の向上など沢山の

    機能がありますが、意外と知られていないのがこのメカノレセプターという機能

    ではないでしょうか。

    簡単に言うならば、爪によるバランス装置のようなものです。

    爪を引っ張り上げると無意識に指がぴくぴくと動いてしまうなども、爪にかかる

    圧力を感知して、体のバランスをとろうとする機能です!

    爪が無くなってしまったら爪のこの機能も無くなり、足のトラブルへ繋がることも…

    直立や歩行にも支障が生まれる可能性もあります。

    体のバランスがくずれると膝関節痛、腰痛、肩こり、首こり、偏頭痛を

    引き起こす原因になります。


    足の先の爪一つで、頭の先の痛みにもつながります。

    軽く考えてしまう足の爪かもしれませんが、日々のケア、少しの異変に

    しっかりと応えてあげてください。

    爪のこと、足のこと、インソール、矯正靴などお気軽にご相談くださいね。


    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら