秋田県の切らない!痛くない!巻き爪専門院。ドイツ製特殊プレートの施術で提携院は実績60,000回以上!
安全で安心の巻き爪矯正です。お悩みの方は巻き爪個別無料相談会へ是非お越しください!

  • 妊婦さんは巻き爪にご用心ください!

    2018年11月12日



    妊娠中の方や妊娠してから巻き爪になった、足が痛くなったという女性の方が

    いらっしゃることがあります。

    「巻き爪」と「妊娠」ですが実は深い関係があるのです。


    【妊婦さんが巻き爪になりやすい大きな原因】

    ①急な体重増加による足への負荷

    ②重心と歩き方の変化

    ③自分で足の爪切りができない


    ①急な体重増加による足への負荷

    妊娠期間中の体重増加は10キロ前後増えると言われています。

    もっと増える方もいらっしゃると思います。

    短期間で10キロも増えることに足は対応しきれず、負荷は大きくなります。

    お米を10kg担いで毎日歩いてたら足も疲れてしまいますよね。

    さらに、女性は出産のために筋肉や腱が柔軟です、そのため産後に骨盤が歪んだり

    といった骨格の崩れが生じるのはよく耳にしますね。

    実は崩れが生じるのは骨盤だけでなく、足の骨も歪みが生じてしまうのです。

    結果として、本来クッション性とバネの作用を担う足のアーチが崩れやすく

    足の負荷はさらに強くなると考えられます。

    足にかかる負荷は、指先の負荷ともなり爪の変形へとつながるのです。


    ②重心と歩き方の変化

    体重が重くなりお腹の赤ちゃんが大きくなってくると、後ろに仰け反ったような

    (お相撲さんのような)歩き方になります。

    妊娠前の重心と変わり足の裏のバランスが大きく変わり始めます。

    後ろ重心になることで浮き指になることもあるのです。




    ③自分で足の爪切りができない

    お腹が出てくると、自分では足の爪が切りにくくなってしまい、そのままだったり

    しばらく切らなくともいいように短めに切ってしてしまいただでさえ負荷の

    かかっている足の指先を深爪にし巻き爪の原因をまた一つ増やして

    しまっている例もあるようです。



    【対処方法】

    靴を見直し、足への負荷を減らす。

    お腹がつっかえるので、靴の脱ぎ履きが楽なものを選んで履いてませんか?

    足の甲がしっかりとまらない靴を選んで履きがちです、靴紐をしっかり結び歩くこと

    で足の負担は減ります、それだけでなく転倒もしにくくなりますので赤ちゃんにも

    母体にもいいのです。

    深爪をしないでしっかりメンテナンスする。

    ペディキュアやジェルネイルなどを避けて、しっかり爪の手入れをしてください。

    爪を適切な長さと状態にすることで巻き爪になりにくい環境にしてあげられます。

    自分で爪が切りにくい場合は旦那さんにお手伝いしてもらいましょうね。

    また、当院では妊娠中の期間だけ自分で爪が切りにくいということで爪切りだけに

    いらっしゃる方もいらっしゃいます。

    こういったサービスを利用するのも一つの対処法です。

    それでも爪が巻いて痛くなってしまったら…

    化膿してしまうと治りも悪いので、痛いなと違和感を覚えられたらすぐに専門院で

    処置することをおすすめ致します。

    当院の樹脂製プレート矯正は切開したり手術とは違い母体への負担も少ないので

    安心して巻き爪や陥入爪の改善ができます。

    お気軽にご相談くださいね!!



    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら