秋田県の切らない!痛くない!巻き爪専門院。ドイツ製特殊プレートの施術で提携院は実績50,000回以上!安全で安心の巻き爪矯正です。お悩みの方は巻き爪個別無料相談会へ是非お越しください!

お店からのお役立ち情報


2018年8月2日 : 巻き爪 秋田 施術症例のご紹介致します!痛みを我慢せずお気軽に相談くださいね!


痛みや違和感があったようですが、どうして良いか分からずお悩みだったとのことです。

痛みに耐えられないと、ご相談くださった方の施術症例になります。



特に右足は、爪の端が折れ曲がるように酷く巻いていました。

靴を履くと痛みがあり、ずっと我慢をしていたようです。


【1回目矯正後】


折れるように巻いていた爪が、だいぶ矯正されました。

見た目でも広がったのがお分かりいただけると思います。

来院するまでは、ちょっと不安でしたが思い切って相談して良かったと

嬉しいお言葉をいただきました!


靴を履いても痛まず、たくさん歩けそうですとお帰りになりました。

爪のこと、足のこと、靴のこと、インソールなどお気軽にご相談くださいね!


巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら


2018年8月1日 : 秋田巻き爪矯正院【大曲院】8月の巻き爪個別無料相談会のお知らせ!


【巻き爪個別無料相談会のお知らせです】

悩みと痛みと「サヨナラ」するなら巻き爪個別無料相談会へ。

ぜひこの機会に巻き爪個別無料相談会へご参加ください!



秋田巻き爪矯正院【大曲院】では8月の巻き爪個別無料相談会を開催致します。

是非、この機会にご利用ください。

今回、相談会へお越しいただいた方、全員に爪ヤスリをプレゼント!!

巻き爪は早めのケアが肝心です!

相談は15分程度で、希望で施術もできます(有料)

予約受付中です。

当日都合が付かない場合はご相談ください。


日程:大曲院2018年8月3日(金)10:00~19:00
            8月4日(土)10:00~16:00 

         
            大仙市花館柳町1-35
            にこにこ整骨院内
            0187-73-5280(平日)
            0187-63-8682(土曜)
 
          
《予約制》予約受付中です!
※予約の際は
来院ご希望の院へ「無料相談の予約をしたい」と電話でお伝えください。

(内容)
1、巻き爪・陥入爪の程度確認
2、当院の施術内容のご説明
3、施術料金に関してのご案内
4、質疑応答 (他の矯正方法や医療手術などとの比較)
5、施術 ※有料 ご希望に応じて


巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら



2018年8月1日 : 巻き爪 感想 痛くないです!ねむくなる程ののんびりケアでした


あなた様の声をお聞かせください




Q1:当院を知る前に、どんなことで悩んでいましたか?
   (気になっていたこと、解決したかったことなど)

   巻爪のケア、治療


Q2:何がキッカケで当院を知りましたか?
   
   ホームページ


Q3:当院を知ってから、すぐに来院しましたか?
   すぐに来院しなかった場合、原因や理由をお聞かせください。
   
   はい


Q4:何が決め手となって来院しましたか?
   
   巻爪の治療の話を聞くと剥いだ、切った等の話ばかりで
   なかなか病院に行く事が出来なかったです



Q5:実際に利用された、率直な感想をお聞かせください。
   
   痛くないです!ねむくなる程のんびりケアしていただきました
   ありがとうございました




【お名前】A様 
【年齢】50歳  
【職業】会社員
【お悩み・症状】巻爪
【店舗名】秋田院



こちらもご覧ください

     ↓
他の方の巻き爪感想です


2018年7月30日 : 秋田 巻き爪 陥入爪は早めの矯正を!痛みを我慢しないで!


深爪はなぜダメか?についてのお話です。

深爪を慢性的にしていると爪が指先に沈むようになってくるのです。

この状態の爪を【陥入爪】(かんにゅうそう)と呼んでいますが、痛いだけではなく

刺さった爪が原因で皮膚の炎症を引き起こし肉芽(にくが)を形成してしまうのです。

統計をみると、特に若年層の方に多いようですが新陳代謝が活発な方ほど

肉芽ができやすいようです。




この画像の方も深爪をするクセがあり、両方の親指の爪が陥入しています。

もちろん痛みが激しいのは左足の親指ですが、こうなってからでは矯正はなかなか

はかどりません。

右足の親指のような状態のうちに矯正をはじめることをおススメ致します!

どうやっても痛みが引かない状態になってからの矯正開始では遅いのです。

【陥入爪になる原因は】

・爪が抜け落ちた

・爪を深爪にしていた

にほぼ限られます。

陥入爪にならないためにはやはり深爪をしないということが一番の予防方法です。

当院の巻き爪矯正は陥入爪にも対応できます。

爪のこと、足のこと、靴のこと、インソールなどお気軽にご相談くださいね。


巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら



2018年7月26日 : 巻き爪 秋田 タコ・ウオノメの原因!!


皆様の足は大丈夫でしょうか

ここ最近、タコ・ウオノメでお悩みの方が増えているように感じます。

以前にもタコ・ウオノメについてお話しましたが、改めてご説明致しますね。

まず、「タコ」「ウオノメ」の違いをご存知でしょうか?



【タコ】
皮膚の表面に厚く黄色っぽく盛り上がってきて歩く際に負荷がかかってきます。

【ウオノメ】
真皮層に向かって芯が伸びていきます。
 
真皮層に芯が伸びてくると痛みが強くなってきます(神経を刺激するため)

タコ・ウオノメは、外部からの慢性的な刺激や圧力で出来てしまいます。

例えば、ハイヒールを日常的に履かれている女性は、足の裏のこの部分に良くできる

かと思います。



縦筋状やポツポツ・硬く盛り上がったタコ・広い範囲のタコなど

このようなタコウオノメができる原因は…

①足に合っていない靴を履いている

大き過ぎたり、窮屈な靴を履いている場合は靴に足が当たってしまう(圧迫してしまう)

可能性がかなりあります。

そこから皮膚が足を守ろうとして角質(タコ・ウオノメ)ができやすくなるんです。

②正しい歩き方をしていない

歩き方に癖がある。片側に重心が寄っているなど、バランスが均等に保たれていない

場合もタコウオノメができやすくなります。

③ヒールが高い靴をよく履く

ヒールが高い靴を履いている場合、足裏全体で自分の体重を支えることが出来ず、

つま先が圧迫されてしまいます。そこからタコ・ウオノメができやすくなります。

④開帳足になっている(横アーチの崩れ)

足の裏には3つのアーチが形成されています。その中の1つ「横のアーチ」の部分が

運動不足により筋力低下したり、体重の増加によって足に負担がかかったりすると

横のアーチを支える筋肉が衰えて広がってしまい開帳足となります。

開帳足になると前に体重がかかりやすくなるため、タコウオノメができやすく

なります。

⑤足が冷えている

足が冷えていると、冷えていない人に比べ、靴の圧迫などの刺激をより強く感じる

そうです!

そのため、タコウオノメができやすくなるようです。歩いている時も常に足の冷えを

感じるようなガンコな冷えを持っている方は要注意です。

タコウオノメを削り症状が改善しても、上記の原因がある場合はまた出来て

しまいます!

タコ・ウオノメができないように、足をしっかりケアしましょう?

当院ではタコ・ウオノメ施術も行っております。

足のこと、爪のこと、タコ・ウオノメのこと、インソールなどお気軽にご相談くださいね。


巻き爪無料個別相談会についての詳細はこちら